何故シャープナーを使ってはいけない?

「シャープナー(簡易研ぎ器)は包丁がダメになるので使用してはいけないと聞いたんだけど何故ですか?」というご質問をよく頂きます。

擦るだけの簡易研ぎ器の使用を否定する専門家の方も多くいますが、私は状況によっては使用するのもありだと思っております。(※片刃の和包丁はNGです。)

シャープナーの角度は一定で鈍角な小刃をつけるため、包丁の刃先の断面は図のような感じになります。

新品の状態や刃物店で仕上げた後など、鋭く研がれた刃先であればそれほど問題ではありませんが、包丁の断面はテーパー状になっているため、削り続けると鈍角の面が大きくなり食材への食い込みが悪くなります。さらに付け加えるとシャープナーでは刃全体を均一に研ぐ事が難しく刃線が歪んでしまったりもします。

下の写真はシャープナーを使った結果、刃元付近が大きく歪んでいます。こうなってしまうと直すのは一苦労です。

それだけではありません。刃に対して縦に削るだけのシャープナーと砥石で横に研いで作られた刃先の状態はまったく異なり、切れの持続も段違いです。

このことを承知の上で簡易的に使用するのはアリだと思います。包丁は食材を切って料理をするための道具ですから摩耗して切れない刃で無理に切るより、シャープナーでも切れる方がマシだからです。

きちんと研いだ状態で一時的に使用するには大変便利な道具ですので使わない手はありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。