歪みだらけの柳刃包丁

切先が少し欠けた左利き用の柳刃包丁を預かりました。
下ろしてから一度も研いでいないようで、堺モノなのか裏押しもされていない状態でした。

一見新品のようにきれいでしたが、確認すると先端付近が表側に反っていました。古い片刃の包丁で反っているのは珍しくありませんが、購入された時からだとしたら問題です。

しかし、瑕疵はそれだけではありませんでした。

まず裏押しをしてみると刃元付近に砥石が当たらない。肉眼で確認できるほどの歪みでは無かったので少し研ぎ進めるとなんとか少し当たりましたが・・・。

次に切り刃に砥石を当ててみると、、

うわぁぁ。

歪み(エクボ)だらけ。

赤丸が付いているところが凹んで砥石が当たらない部分です。真ん中の部分が特に酷く指で触っても分かるほど。

写真は砥石を当てた後なので地金と鋼の刃境がはっきりして凹みもよくわかりますが、受けた時は研がれていなかったためエクボが見えず歪みを見落としていました。

近年、手打ちの和包丁を作る腕の良い職人は少なくなったようです。特に左利き用の和包丁を上手に作る人は稀でB級品も多いと聞きましたが、一般向けとはいえ、こんな状態で流通させないでほしいです。

手作業でこの歪みを取るのは大変でしたがアゴ付近の一部を除いて何とか修正しました。

とりあえず切れ味は出せたと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。