壊れた和牛刀と柳刃の修正

お客様自身で研がれていた和牛刀と柳刃です。
牛刀は鎬が歪んで切刃も歪んでいましたが、それだけでなく、柳刃、牛刀共に裏面を角度を付けてとがれていました。これは最もやってはいけないのですが、一般の方にはあまり知られていないので、やってしまう方も多いようです。

通常ここまで状態が悪いと刃物店では研がずに買い替えを奨めるでしょう。自分はあまり確認せずに安請け合いをしてしまい、後で見て「をを・・・」という感じでした。

鋼材が日立金属の銀3という非常に硬いステンレス素材なこともあり、研ぎにはかなりの時間を要することになりました。 とりあえず可能な限り裏スキを修正して、鎬を上げて切れ味を出しました。鎬を削る際に口輪も削ってしまったのはミスでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。