パンを切るなら包丁で

食パンやフランスパンを切るとき、パン切りナイフを使いますか?

今回はパン切りナイフをあえて用意しなくても包丁で間に合うというお話です。

波型に加工されたノコのようなパン切りナイフはパンを主食とする欧米で生まれたもの。

刃物を研ぐ習慣が無く切れ味の鈍い欧米のナイフではパンは切りにくいので、波型に加工する工夫をしたのでしょう。でも日本の包丁はきちんと研いでメンテンナンスをすればパンもきれいに切れます。

言い換えればパンが切れない時は刃が摩耗しているということになります。

切れ味鋭い日本の包丁は食材に負荷をかけずに切れるため、切った断面がきれいでパンの粉もほとんどでません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。