ステンレス包丁の錆び(孔食)

ステンレス包丁は錆びないと宣伝されているためか、そう誤解されている人は多いと思います。ですが、錆びにくいことはあっても錆びないということはありません。

写真のようにステンレスの錆びは小さく目立ちにくいのが特徴です。中には肉眼では発見できないほど小さく、ルーペや顕微鏡でないと気づかないものが多いのです。これらは孔食というもので出来てしまうと鋼材の深くまで浸透しているので研いだ後から細かな刃こぼれが生じてしまいます。

この包丁も研ぎの最中に刃が欠けたので確認すると細かな黒点が多数ありました。こうなると研いでも研いでも刃が欠けることになります。

このような事がないように包丁使用後は水で塩分等をきれいに洗い流し、水分をきっちり拭き取ってください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。