ステンレスでも錆びます

ステンレス包丁は鉄とクロムの合金に炭素を混ぜたステンレス鋼を使用しています。クロムを混ぜることで酸素と結合して透明な皮膜が作られ、それがサビを予防するので錆びに強い刃物となります。

しかし、「錆びにくい」というだけで錆びないわけではありません。炭素鋼のような見た目に赤黒く目立つサビはできにくく、地味に錆びるので気づかないうちに貫通するサビやヒビが入って損傷します。

黒く侵食したサビがたくさん出来たブレードと腐食が進んだハンドルの中子

かなり酷いサビが生じていますが、ブレードは恐らく濡らしっぱなしや汚れたままにしていたと思われます。濡れた状態や汚れた付いていると酸素と結合できないため、ステンレス特有の皮膜が作られず腐食しやすくなります。

ここまで黒錆ができると研いでも刃先に孔食のカケが残ることが多いので切れは悪くなります。この包丁は腐食が浅く刃先にはそれが少なかったのが幸いです。

またハンドルは中子の部分が常に木部やプラスチックと密着していて皮膜が出来づらいため、炭素鋼の包丁と同じように濡れているとブレードよりもサビが進行します。このまま進むと突然折れたりして危険です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。